はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

日付けをまたぐ、深夜の電車

久しぶりに水曜日から木曜日に変わる0時を電車内で迎えた。

ボンバ家おいしかった。

のんびり話せて楽しかった。

サブチームのリーダーになった。連名だけど。

休部してた同期が復帰してくれた。

なんで部活を続けてるのか、

なんでアイセックを続けてるのか、

なんでそこまで実家暮らしにこだわるのか、

なんで、なんで、なんで。

ふと振り返ってみれば、自問自答の多い1週間だった。

人に聞かれることで、改めて考え直す機会をもらう。

いつの間にか自分の中では「当たり前」になっているものの、始まりは何だっただろうか。

スタートラインに立った時の気持ちを、たまには思い出してみるのもいい。

走り出してしまったらもう、なかなか振り返ることはできないから。

どこへ向かっているのか、この道はどこへ続いているのか。

そう簡単にゴールなんて見えないから、私たちは迷うし、悩むし、より必死になって答えを探す。

そんなのポッケになんて入ってないのに。

あー何が言いたかったのかよく分からなくなってきた。

まもなく最寄り駅。

人に会うのがすきだ。

同期の友達も、先輩も後輩も。

みんなでのんびりくだらないことばっかり話してるスローな時間がすきだ。

それを再確認した1日。

ことばはさんかくで、こころはしかく、なみだはまあるいの。