はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

それでも僕は生きていく

それでも僕は生きていく

なにひとつ言い切れないけれど

苦い涙を飲み干して ここにいるよ

ありったけで今を生きていく

汗も恥もめいっぱい かきながら

踊り明かせ 満たされない日々を

 

それでも僕は生きていく

いいことばかりじゃないけれど

小さく光る喜びを握りしめて

ありったけで今を生きていく

愛をカラダめいっぱい うけとめて

笑い飛ばせ 答えのない日々を

 

ヨースケ@HOME/それでも僕は生きていく

 

最近、はまってる曲。CDは残念ながら手元にないので、ラジオで生演奏したときの録音を聞いてる。歌い出しは録れてないし雑音入るところもあるけど、まぁよいのです。

心えぐるけど、がんばろうって思う。ヨースケの歌聞くと、元気出る。

 

就活とかやだわーとは言いつつ、まわりがインターンがなんやかんやとか言ってるとね、そりゃ不安にはなるわけで。おもしろそうだなーって感じたところのは1つだけエントリーしてみようかと思ってるけど、思ってるだけでまだしてないし。締め切りまであと数日だし。

なんやかんや、そうは言っても自分も社会の波にのまれて流されてるじゃん、て。やーね、そういうの。

ひねくれ者だからさ、みんながいいね!って言ってるものには食いつきたくないわけです。リリース前から知ってて好きだった曲でも、CMタイアップとかになってみんなが聞くメジャーな曲になっちゃったら逆に冷めちゃった的な。

まぁいいやそんな話は。

 

今回はちょっと久しぶりに、まじめに、長文書きます。

 

 

 

 

夢がある。大きく分けると、2つ。

まずは今学校でもやろうとしてる、動物園とか水族館でのプロジェクト。いわゆる「社会教育施設」ってやつを、もっと身近でわくわく楽しい場所にしたいんす。こういうことして食べていけたらしあわせだと思う。

図書館とかさ、美術館とか博物館って、もっと楽しいところなんだぜ!赤ちゃんがわんわん泣いちゃってもいいじゃない!ちびっこがどたばた走っちゃってもいいじゃない!

なーんて、今まで思ったことなかった。そんな発想のヒントを、大橋裕太郎さんがくれた。こういうことがシゴトになるかも、って初めて思った。

そりゃもう、衝撃だったよ。ドッカーン!て。ビビビビビビビ!って電流感じたよ。感電した。むしろそのあとしばらくの間ぼけーっと放電してたかも。

 

でも、まぁね、そんな甘いもんじゃないよね。大橋さんが動物園でWSやったときは在学中だったし、フィンランドでの活動も「研究」なわけだし。

森本千絵さんの到津の森公園のもすてきだけど、あの人はほら、他にもいろいろお仕事してるもの。アーティストのPVやら広告やら。そしてどれもすてき。私にはああいうセンスはないもんなぁ。らくがきはできてもさ。

動物園でわいわいやるだけで食べてはいけないだろうし、そもそもこんなどこの輩か分からんような1大学生のアイデアをさ、そう簡単に受け入れてもらえるのかっていうね。会社なんだかNPOなんだか知らないけど、そういうのも立ち上げないといけないわけでしょ。それをシゴトにするのなら。よく分からんけども。って考え始めちゃうと、うーん、って行き詰まる。息も詰まる。

 

動物園の教育普及係になれたらいいのかね。私のやりたいことってつまりはそれ?うーん、でも、動物園で働きたいわけじゃないんだよなぁ…

欲張りなんだろうか。世間知らずなんだろうか。

まぁでもとりあえず、7月上旬にこの研究テーマで奨学金がいただけるのかが最初の分かれ道。これで研究費いただけたら、今年1年これに全力注いでみたい。ほんとにやっていけるものなのか、自分を試すチャンス。ピンチはチャンス。それからでいいよね、そんなことをシゴトにするかどうか決めるのは。腹を括る覚悟をするのは。

 

 

 

 

あとは、まったく別の夢。

食堂ひらきたい。かもめ食堂みたいな、おいしい「おうちごはん」をみんなに食べてもらえる、もはやみんなの「おうち」みたいな、あったかい食堂。コーヒーもおやつもあるよん。

部活帰りでおなか空かせた学生諸君にもやさしくて(栄養・お財布的に、仕事帰りでお疲れな社会人の皆さんにもやさしくて(週の疲れを癒やす感じで、みんなが「帰って」これるところ。そこにいる間は現実のいろんなもやもやいらいらを忘れて、時間も忘れて、みんながのんびり過ごせるような。

ごはんもある。コーヒーもある。おやつもある。音楽も聴ける。映画も観れる。作品も置けるし買える。夜空も見れる。花も咲いてる。季節が伝わる。みんなで騒げる。お酒はたまーに。

 

設計はよしきあたりにお願いして、ぱおちゃんが大工さんで、むさしがコーヒーマスターで、なっちゃんがおいしい野菜仕入れてくれて、しずるが厨房で、経営面も担当してもらって、たけるが看板しょって、厨房にも入って、私はほら、レジ打ちでもやるよ。そのうちほら、会社でへろへろになったるいが帰ってくるよ。

とか言い出したらきりがないくらい、あの人がこう関わってくれたらいいな、ってイメージで溢れてる。

あ、私だって平面図くらいなら書けるよ。たぶん。壁の塗装くらいだったらできるし、とんかちもやるやる。コーヒーだってその頃にはおいしく飲めるようになってるだろうし。なんならお店の裏で家庭菜園はじめちゃってもいいし。毎朝お水あげます。料理もね、うん、修業します。オカンにもおばあちゃんにも弟子入りする。経営の勉強とかもがんばってみるし。看板とかパンフとかメニューは私が書くし。小物そろえたり、アーティストさん探したりもするし。

 

お店のまわりには花を植えて、つばき、うめ、さくら、たんぽぽ、あじさい、ひまわり、れんげ、こすもす、、、四季を感じられる場所にしたい。

お昼には庭でひなたぼっこしたり、夜には星空を見上げたり、映画鑑賞会したり、アコースティックライブしたり、バースデーパーティーひらいたり、 W杯観戦会したり、、、人が集まれる場所にしたい。

 

とか考えてると、わくわくが止まらなくて、友達たくさん巻き込みたくなって、ぶわあああーって夢がふくらむ。ぜっっっったい、楽しい。楽しくならないわけがない。

 

でも、こんなの、自分の人生を懸けた大挑戦なわけですよ。うまくいく保障なんてどこにもない。大学卒業したらすぐ?それとも1度社会を経験してから?全然想像できないし、どっちにしても引っかかってるのは、そこじゃない。

さっき勝手に名前を挙げた人たちはそれぞれ夢をもってるわけで、こんな私の無謀な挑戦に付き合ってくれるような、そんな人はまぁ、ふつーいないよね。それが普通。むしろここで「めっちゃいいじゃん!!!」って一緒に人生懸けてくれるような人がいたら、きっとその人の頭のネジは何本か飛んじゃってるんでしょう笑

だってそうでしょ、こんなのいわゆる「夢物語」。借金に追われて人生棒に振る可能性だって大アリなわけですよ。

そりゃあさ、一緒にわいわいやれたらどれだけ楽しいかって思うけども。そんな人いたら泣いて喜ぶよね。ほんとに。

でも、そんな大切な人たちの人生まで背負えるほどの人間でもないですし。プレッシャーと責任という重圧で押しつぶされるだろうし。

自分1人だったら、こわいもんなしだよね。自業自得っていうか。だめだったら自分のせい。とりあえずいっちゃえーい!ってできるけど、まぁ、そうもいかないよね。誰かと一緒に働くってそういうことなんだろうか。よく分からんけども。

なーんてね、これぜーんぶ話せたらいいんだけど。いや、話せるけど、まぁ「夢の話」で終わるよね。それでもいいんだけどさ。こういう夢のつまった楽しい話、なんか久しぶりだし。想像ばかりがふくらんで、みんなも楽しくなってくれたらそれだけで十分、とは、素直には言えないかもしれないけど。

 

でも、休学するとか、留学するとか、海外行くとか、大学院行くとか、大手企業でばりばり働くとか、みんなの夢も応援したいもん。教育、開発、建築、経営、起業、ものづくり、他にもたくさんあるだろうけど、みんな自分が立ちたいフィールドをもってる。がんばってほしいし、絶対みんなならそこできらきら活躍するんだと思う。

 

だから、そんなみんなの帰る場所にもなってほしい。この食堂が。っていう気持ちもある。

自然に囲まれてて、地元の人にも愛されて、ここのごはんをわざわざ食べに来てくれる人もいて。そんな食堂。そんな場所。別に食堂じゃなくてもいいのかもしれないけど、なんてたって始まりは「かもめ食堂」ですから。

でっかい胃袋もった私を笑顔にさせてくれるオカンのごはんと、家族みんなで食卓を囲む楽しい時間がすきです。

 

 

 

近所にね、宵待草っていうすてきなカフェがあるんです。子育てを終えたオーナーと奥さんが、去年から始めたカフェ。初めて行ったのは春休み。学校が始まってからは1度も行けてなかった。

んで今日、そうだ、あの2人に相談しに行こう、と思って久しぶりに行った。顔覚えててくれた。3種類のうちどれにするかなかなか決められなくて迷ってたら、特別に抹茶ケーキとチーズケーキをハーフ&ハーフにしてくれた。コーヒーが苦手なの覚えてくれてて、紅茶もサービスしてくれた。

 

「夢は信じてれば叶うものよ」って奥さんに言われた。「コーヒーの淹れ方、お店の経営、週に1回勉強会ひらいてあげるよ」とも言われた。

「場所はどこがいいの?不動産屋の知り合い紹介するよ」ってオーナーに言われた。「もし鎌倉なら、自分の夢を叶えるようなもんだからさ。協力したいんだよ」とも言われた。

いつかね、今のお店は誰かに受け継ぎたいんだって。鎌倉とか逗子の方でもう1軒カフェひらきたいんだって。鎌倉なら、1ついい物件知ってるって。

ほんと、すてきなご夫婦です。いい人。すてきなカフェ。

すてきな人との出会いに恵まれた人生です。まだ20年しか生きてないけど、これだけは胸を張って堂々と言える。

 

 

 

 

そんな今日この頃です。ちなみに今日はヨースケ@HOMEの初のワンマンライブが渋谷で行われてます19時からだったから、まさにライブなうですね。あー行きたかった。元気もらいたかった。まずCD買おう、うん。

 

 

こんな長ったらしい文章、読んでくれた人がいたならば本当にありがとうございました。これ読んで思ったこと、感想、意見、ダメだし、なんでもいいのでコメントいただけたらもうなんとお礼を言ってよいのやら。うれしいです。

 

 

まだ、夢見ていいのかな。