はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

ライブに行きたいねってことで、いろいろ聴き漁った。

チャットモンチー/夕日哀愁風車

ちゃんと大人になれるだろうか。夢って何だろうか。深夜のスカイプでのなっちゃんの一言が、私のこのまとまらないうぬうぬした気持ちも全部代弁してくれた。

 


阿部真央/伝えたいこと

自分のことでいっぱいになるのはまだまだ弱い証拠らしい。ってことで私はまだまだ強くなんてありません。人は一人じゃ生きられないから誰かに支えられてるもんらしい。お言葉に甘えてまだ寄りかかるもん探しててもいいですか。

 


椿彩/22

最近宵待草で知り合った人。歌に人柄が染み出てる。その辺にあった紙の裏に歌詞を走り書きしたらものすごく喜んでくれた。歌うとなると、普段の話し声からがらっと変わる人っているよね。どきっとする。

 


Pink/Dear Mr President 

今更ながら、やっとじっくり歌詞読んだ。アコギの音色がすきで気に入った曲だったけど、なんや、歌詞もすてきじゃないか。もっと洋楽も聴きたい。 

 

やっぱ私は、歌詞に1番惹かれるらしい。その次に歌声だったりテンポだったり。あーライブ行きたい。お金ない。貯めなきゃ。の前に稼がなきゃ。

悠仁の「素晴らしい!」がすき。小1,3年の時の担任だった金子先生を思い出す。提出物にいつも書かれていたのは、おっきなはなまると「すばらしい!」

雨と泪もいいけどね、手紙もいいんだよ。あーアコギほしい。

 

この夏こそは、メディアで借りた本たちを積読させてなるものか…!とやっとこお尻に火がついて、最近は数冊を気の向くままにちょこちょこつまみ読んでる。だって、ねぇ、夏休みあと1カ月もあるんだって。何も実りないままに秋学期迎えるなんてことはしたくない。

今手をつけてるのは、この3つ。

黒澤明 59の言葉 わたしのカフェのはじめかた。 人気店に学ぶカフェオープンBOOK 食堂かたつむり (ポプラ文庫)

黒澤映画1つくらいは学生のうちに観てみたいし、

いろんなお店があるけどもまぁ結局大事なのは自分は自分だってことだし、

早く食堂ひらきたいいい