はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

ぷしゅー

人に会うのがすき。仲のいい人とわいわいするのも、特に何の用もなくただ一緒にのんびりするのも、そして初対面の人に会うのも。去年の6月に、「就活、はじめました」とどこぞのコンビニのように宣言したこともあったけど、いろんな人と会えるってことに関しては、楽しいです、就活。(もちろん楽しいことばっかりじゃないけどね…!そんなに世の中あまくないぜ)

部のOGであるフォトグラファーさんからはじまり、広告業界の方、老舗お寿司屋の5代目、動物園ライターさん、レスポアOGBの皆さん、などなど。聞くこと聞くことどれも新鮮で、楽しくて、知らないことだらけで、ノートにペンを走らせる日々。おかげで頭がぷしゅーっと今にもパンクしそう。やっとこうして文字として整理できる時間もつくれたわけで。

 

いろんな人と会う中で、自分の気持ちを口に出してみることで、気づいたことがたくさんある。

個人事業をされてるフォトグラファーさん(1児のママ)からは、1才にも満たない赤ちゃんのかわいさを…ってちがう。「人の顔が見えるところで仕事したい」って気持ちを。

広告業界のOGからは、「やりたい仕事をする」ってことを。(話聞いたその日に、興味なかった業界のセミナーを即キャンセルしたった。)

お寿司屋さんのOBからは、「個人経営の厳しさ」を。(それでもやっぱり「食堂ひらきたい」って思った。)そしてメニューのないお寿司のおいしさを。あんなお寿司もうしばらく食べられないわあああ。

動物園ライターさんからは、「道なき場所を自ら耕し進む大変さ、わくわく感」を。あと、「動物園、もっとよくしていきたいなぁ」って思った。少しでも力になれるのなら、チャレンジしてみたい。)あと、1年前の自分とそっくり、って言われた。このままいくとほんとにこっちへ進むことになりそう。だって1番楽しそうだもん。

レスポアOGBに初めて会ったのも楽しかった。社会人ってそりゃ大変だろうけど、それでも皆さん楽しそうだった。でも、「やっぱりSFC生って変だなぁ」とも思った笑 この人おもしろい、もっと話聞きたい、あ、そうかこの人SFC生なんだ、って感じ。なんか納得した。

そして、その飲み会の帰り道、たまたま路上ライブやってるとこに通りかかった。THE 激珍ららズ。もともとアコギ好きだったのもあったけど、だからって誰がやってても足を止めるわけでもなくて。でも、なんだかすごく楽しそうにライブしてて、歌もよかったし、と結局最後まで約1時間のライブを楽しんだ。思い浮かぶのは同じ顔なんだなぁって聞きながらふと思った。飲み会でおごっていただいた分、野口さん1人をお気持ちBOXに入れた。人のご縁ってこういうことなんだと思う。激珍からは、「やりたいことやろう!」ってことを。(「昨年末をもってバイトをやめてニートになりました!」ってギターの人が言ってた笑)


THE激珍ららズ「ラブソング」 吉祥寺路上(クリスマスバージョン)

THE激珍ららズ「ブルーティーン」 吉祥寺路上(あけおめバージョン)

 

なんか、よくわかんないけど、なんとかなる気がする。ま、今自分の身の回りしっちゃかめっちゃかだけどね笑 頭ん中整理したいです。

いろんなことに興味もてるのは強みだって言ってくれる人もいる。でも、それでどれもが中途半端になって、他人に迷惑かけるのだけは絶対にしちゃだめ。「楽しそう!」を原動力にするのは悪いことじゃないし、チャレンジ精神は大切にしたいけど、目先の感情に流されてないか、本当に責任もってやりきれるのか、こだわりもって、やっていきたい。これは、水野学さんの授業から学んだこと。

勢い任せな分、私の仕事は荒い。それがいい時もある。でも、それだけじゃだめなこともある。ひとつひとつを丁寧に、こだわってやるためには、もっとじっくり、時間もかけるべき。精度を大切に。ってなこと考えてたら、

私が指してるのは、激珍ららズがライブ写真撮ってくれる人、グッズ作ってくれる人を募集してるってことを知って、あれ、自分これぴったり当てはまるんじゃないか?って思ったこと。ただ、上にも書いたけど、今この「楽しそう!」に従って動いてほんとにいいのかなって。ただでさえ今、学期末だし、卒プロあるし、就活だし、食堂のこと考えたいし、って両手いっぱいなのに、本当に責任もってやりきれるのかって。向こうに迷惑かけることだけはしたくないから、もう少し、やれる!って自信もてるようになったら、自己管理ちゃんとできるようになったら、コラボしてみようかな。うん。でも、こういうことを言ってくれる人がまわりにいることに感謝。さかいさんありがとうございます。甘ったれてないで、自分で考えて判断して、責任もって全うしたいと思います。