はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

ねーねー

「学校で漢字って習うー?」毎週漢字ドリルと格闘してる弟にふと聞かれた。

教えてくれる人がいるってすてきなことだなと。でも、その期間はそう長くない。自力で生きていかなきゃいけない日が、誰にでもそのうちやってくる。今のうちにたくさん質問して頼って甘えて、たくさん吸収しなね。

 

将来子どもができたら、誕生日には、読んでほしい本とか、聴いてほしい音楽とか、見てほしい映画を贈ろう。「~してほしい」なんて親のエゴだけど、それを気に入るかどうかはその子次第だから、選択肢を増やしてあげることは別に悪いことじゃないと思う。

絵コンテ考えてて、出演者イメージを書き出してみたら、自分の好み丸出しだった。今までふれてきたものが自分の構成要素になってるんだなーと。初めからある特定のジャンルの、自分が好きだと感じたものばかりに浸るのもいいんだけど、学生のうちに、って言い方はちょっとちがうな、いくつになっても、どんどんひろいひろい世界のものにふれてみるべきだと思う。絶対その方が楽しい!あんまり好きじゃないものを認識するからこそ、自分の好きなものがもっと好きになるだろうし、新しいすてきな出会いもあるだろうし。もっともっといろんな音楽聴いて、本読んで、映画見て、人に会って、場所に行って、経験値をふやしたいなぁとぼんやり思ったのでした。