はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

はーるですねぇ

1年が経った。2年目だ。後輩が入ってくる。年明けからずっと間髪入れずに仕事が続いて、ようやく落ち着いた3月半ば。ふと、あ、ごはん行きたい、お話聞きたいって思って、大先輩にメールを打って下書き保存しては修正して送信ボタンを押せない日が何日かあって。えーい送っちゃえーとボタン押してからすぐに返信をくださったことも、気さくなその文面も、うれしかった。


たぶん、自分が進んできた道、これから挑もうとしている道が間違っちゃいないか、信じていいのか、その答えがほしかったんだと思う。そんなの、この人と話をしたらそりゃ信じるに決まってる。安心したかっただけ。自信がほしかっただけ。ほんのちょっとでいいから。お酒を控えているとのことだったので、久しぶりに、ふたり揃ってアルコールなしでおいしいごはんを食べた。緑茶片手に、やさしくおなかを満たすのもたまには大事。


わたしにとっても、勇退宣言しているこの人にとっても、残されている時間は、あと5分の4。自分で勝手にリミット決めて社外の人には宣言してるけど、きっと5年後はもっとこの仕事が楽しくなっちゃってるんだろうなぁ。なんてぼんやり考えたり。でも、自分のやりたいことやって、自分でウェブサイトもつくったりしてる友達を間近に見ていると、めちゃめちゃうらやましいし、あーーたのしそうっ、て思うから。いいんだ。公言しておかないと、踏ん切りつかなくなりそうなの目に見えてるし。


今年の目標は、もうすこし、心に余裕をもつこと。生活にも余裕をもって、だらけるのとはちがって、おだやかに1日1日過ごしたい。環境のせいにせずに、もうすこし、自分が工夫できることもあるはず。さぼらず、怠らず、でも変な無理はせず。人にやさしく、おだやかな気持ちで。しんどくなったら、いのたけさんのこと、鈴鹿のこと、思い出す。そうすれば、もうひと踏ん張りできるはず。

 


春一番 ゆず~ふたりのビッグ(エッグ)ショーver.~ - YouTube