はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

根菜カレーと唐揚げの二択

大学生のとき、学生のうちに王道は知っとかな!って思い立つタイミングがあった。これ、わりと共感してもらえることだと思うけど。私の場合、それは映画でいうと三谷幸喜で。暗い寝室でPCの明かりで目をしぱしぱさせながら、「すてきな金縛り」と「THE有頂天ホテル」見たなぁ。今日の土曜ロードショーで久しぶりに「すてきな金縛り」見て、泣いた。年々、人の涙につられやすくなってる気がする。

ちなみに漫画でいうと私にとっての王道は、手塚治虫。研究室の先生の「火の鳥」を1日1冊ずつこっそり借りて読破した。先輩からおすすめされた「ワンダー3」もレンタルで読んだし、こないだ仙台メディアテークでは思わず「ユニコ」買った。

そういえば、こないだ花金に会った後輩から、あの研究室がなしになったと聞いて。火の鳥こっそり持ち帰ったり夏にタンクトップ姿で汗かきながらろくろ回したり、したなぁ。七夕祭の合間の逃げ場にもなったし、こっそり荷物置き場にもしたり。ごちゃっとしてたけど、ひとりでうぬうぬするにはちょうどいいサイズ感だった。ラジオがんがんかけたりね。


弟と夕飯前にふらふらおつかい行って、内緒でおやつ買い食いして。おだやかな休日ばんざい。ゆずライブよりも家族との時間を優先させたいって思うくらいには、家で過ごす休日ってもんがひさしぶりすぎた。わたしの誕生日のために、その名のとおり、バースデープレートを用意してくれてたことも、誕生日から2ヶ月経ったいま初めて知った。さみしい。弟は、体育の日の運動会でかけっこ一等賞だったらしく、遅くなったけどそのお祝い?にステーキ食べに行った。家族で外食。いつぶりだろ。ステーキって言ってもファミレスだけど、じゅうぶんなのです。今週もがんばろ。