はて、風呂。

そしたら僕は、旅にでかけよう。 

スピード感。生き急ぐ、とは。

階段をのぼるか、エスカレーターに乗るか、エスカレーターの右列をのぼるか。電車を降りた時、前方の混み具合によって最速のルートを選びがち。というか、それが当たり前になってる。日々。スピード感重視してエスカレーターをのぼるという選択をするとき、同じスタート位置にいる、階段派のだれかを目印にしたりする。その人よりも早くてっぺんへ着けたら、その人というか階段を選んでいたかもしれない自分の亡霊を勝手に重ねて、よし、あっちよりも早かった。なんて思ったり。

そんなことをふと明大前の階段ラッシュに出くわした時に思って、そもそも、自分とのたたかいなんていらないのに。なんて考えた。たった数秒、数歩、前にいようが後ろになろうが、どっちでもいいのに。ね。遅刻しそうな勝負どきは別として。そしたらそもそもガンダッシュするしな。

24時間、どうつかいたいのかな。どんなスピード感で、暮らしていきたいのかな。じぶんは。